© 2016 kobe fine foods all rights reserved.

つながり

現在、顧問として弊社を支えてくださっている方々

Heinrich Udo Daniel氏
元ドイツ政府迎賓館総料理長として約20年間、ドイツ政府国賓への調理をされました。天皇皇后両陛下、エリザベス女王、ブッシュ大統領、クリントン大統領、ゴルバチョフ大統領、エリツィン大統領等、名だたる国賓の方へ正餐料理メニュー・調理をされました。
そのお料理を一口サイズに凝縮したのが弊社のフィンガーフードです。

古山勇起氏
有限会社 KFC 神戸フーズクリニック 代表取締役
1974年4月㈱大丸入社 食品部門担当業界初の青果産直、鮮魚産直と有機栽培野菜売場開発、商品開発・産地開発生鮮全般のMD再構築し現在の基礎を確立された方です。2004年2月(兼)大丸ピーコック取締役、商品開発・商品政策室長兼関西仕入営業部長ご就任後10月大丸御退職、同年12月㈲神戸フーズクリニック開業。食品小売業の商品開発指導に取り組まれ、全国で原料開発から商品開発、流通開発まで一貫して実践ご指導されておられる、弊社の貴重なご意見番です。

M.Rostropovich氏
2005年5月に弊社社長が日本チェロ協会(会長堤剛氏)などと共催で開催したInternational Cello Congress in Kobe 2005の最終日に第3回1000人のチェロの指揮をしました。氏は全世界の王室・大統領と親交があり、天皇陛下にもチェロをご指導なさっておられました。氏の80歳の御誕生日をプーチン大統領が祝い、弊社社長夫妻も小澤征爾氏とともに招待されました。

ドイツ・ジンツハイムの友人たち
写真は1991年ドイツ政府迎賓館Petersbergの大統領専用バンケットで串乃家の串揚げのデモパーティーの模様です。

2003年3月に世界的女流チェリストMaria Kriegel女史のサロンコンサータがベルリンの大統領迎賓館で行われました。弊社社長も招待いただき、写真左が故Johannes Rauドイツ連邦共和国大統領、真ん中がM.Kriegel女史です。

社長の個人的趣味のご紹介で恐縮ですが、チェロにより生前の高円宮憲仁親王殿下とも個人的お付き合いくださり、喜んでもいただきました。
1998年11月29日に神戸ワールド記念ホールで㈱串乃家主催で催しました第1回1000人のチェロ・コンサートに宮様は三人のお嬢様と共に演奏くださいました。当時11歳の次女、典子女王は一昨年に出雲大社の方に嫁がれました。
このコンサートにはベルリンフィルハーモニーのチェリスト5名も参加くださり、そのご縁で社長の松本は現在、日本人で唯一人のベルリンフィルハーモニー・オーケストラアカデミー会員です。